金速-お金に関する2chまとめブログ

    タグ:前澤友作

    20200524-05240065-sph-000-3-view

    1: 名無しの金速 2020/05/27(水) 11:03:25.65 ID:yzxQmKnB9
    ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が27日、自身のツイッターを更新。東京国税局から約5億円の申告漏れを指摘されたと報道されたことに反応した。

    一部報道によると、同日、前澤氏が取締役を務める資産管理会社「グーニーズ」が、2019年3月期までの3年間に約5億円の申告漏れを東京国税局から指摘された。前澤氏はこの記事を引用する形で「私は逃げも隠れもしないし、税務処理の方法でご指摘があれば、惜しまず税金払いますので、税金はどうか有効活用願います」と主張。続いて「国民の秘密が特定の新聞社に秘密裏にリークされることのない安心して暮らせる国家の実現を希望します」とも訴えた。

    さらに「今回調査の対象となった過去5年間の納税額」を参考までにと開示。2015年度が54億円、2016年度が68億円、2017年度が34億円、2018年度が62億円、2019年度が282億円。5年間でちょうど500億円納税したことを強調した。これにはフォロワーから「凄いなぁ」「流石です」「ありがたやー」といった驚きや感謝する好意的なコメントが相次いだ。

    YAHOO!ニュースより引用

    【【ZOZO前澤友作】「逃げも隠れもしないよ…惜しまず税金払います」過去5年間で500億円の納税額を開示】の続きを読む

    thumb-12136-665487-entame

    1: 名無しの金速 2020/05/22(金) 17:33:30.86 ID:nhteV3Gb9
    何かにつけて世間の眉をひそめさせてきたZOZO前社長の前澤友作氏(44)がコロナ禍の中で表明した「ひとり親応援」。これについては「立派」との声も聞こえてくるが、その彼の足元で実は、税金を巡るトラブルが発生していた――。

     ***

     先頃、女優・剛力彩芽との復縁が報じられたばかりの前澤氏が「前澤ひとり親応援基金」を創設したのは5月10日。ひとり親1万人に現金10万円ずつを配ることを目的に設立された基金で、15日の締め切りまでに44万7159人が応募。3日後には当選者への入金が始まった。

     そうしてひとり親に支援の手を差し伸べた前澤氏が昨年から東京国税局の税務調査を受けており、先頃、その「結果」が出たことは全く知られていない。

    「高額な絵画の売買を巡って多額の申告漏れを指摘され、追徴課税の通知を受けた」

     と、国税関係者が明かす。

     今回、ガサを指揮したのは、泣く子も黙る東京国税局・課税一部。その中の、通称“重要統実官”という聞き慣れない肩書を持つ人物が、担当している。

    「この統実官というのは、統括実査官の略で、さらに重要な人物を担当しているひとを、重要統実官と呼びます。“国税のスペシャリスト”の異名を持つ、プロ中のプロなんです。基本的にオモテには出ませんが、彼らは主に、いわゆる大富豪たちの資産を常に監視しています。とにかく有名な富豪にはこういう担当が常に目を光らせているというわけです」(国税関係者)

     めでたく国から富豪認定を受けた恰好の前澤氏。取材を申し込んだところ、文書でこう回答した。

    「過去5年間での多数の美術品の売買取引のうち、1点の絵画の売買取引について、東京国税庁(ママ)から税務処理の方法についてご指摘がありました。ご指摘に基づき9914万898円の所得申告、並びに4054万600円の納税を行いました。過少申告税588万円並びに延滞税については、今後納税する予定です」

     売却した1点の絵画の評価益計上を人為的ミスによって誤って処理していたために起こった「申告漏れ」だというが、先の国税関係者はこう話す。

    「追徴課税額としては、過少申告加算税含め約4600万円はあったと聞いています。高額絵画の売買取引は一般庶民には手の届かない世界で、そこでの約1億円の申告漏れは金額としては非常に大きい。支援は評価できても金をバラまいて篤志家ぶる前に、国民の義務をきちんと果たせと言いたいですね」

    ライブドアニュースより引用

    【【前澤友作】多額の申告漏れで追徴課税を受けていたことが判明wwww】の続きを読む

    20200518-05180056-sph-000-3-view

    1: 名無しの金速 2020/05/18(月) 17:05:51.87 ID:b/jt3ziy9
    ZOZOの創業者でスタートトゥディ社長の前澤友作氏(44)が18日、「前澤ひとり親応援基金」の当選者に、
    ひとり親を偽装する応募者がいたことを明かした。
    この企画は新型コロナウイルス感染拡大で苦境に陥った、ひとり親1万人に10万円を配布するというもの。
    15日に応募を締め切り、16日に抽選を行った。44万7159人の応募があったことを明かしている。
    しかし、この日「当選者の中に、大変残念なことにひとり親を偽装し、証明書類を偽造してまで10万円を受け取ろうと
     する人がいます 善意の企画なので悪いことはやめましょう」と報告。「偽造書類を送ってしまった人は事務局宛に
     自己申告してください。今なら怒りませんし、法的措置も取りませんので」と訴えた。
    10万円についてはこの日から入金が始まったと報告している。
    東スポより引用

    【【前澤友作】ひとり親応援基金の当選者に「ひとり親を偽装し10万円を受け取ろうとする人が・・残念です」】の続きを読む

    20200509-05090068-sph-000-3-view

    1: 名無しの金速 2020/05/10(日) 18:48:22.32 ID:Pn5Uh3Ts9
    ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が10日、新型コロナウイルスの感染拡大で自粛期間が続く中、子供の学校の休校などで仕事が出来なくなるなどして、苦境に陥ったひとり親の支援策として「前澤友作ひとり親基金」創設を発表した。

    同氏は「まずは基金より、現金10万円を1万人のシングルマザー&ファーザーに配ります。コロナでひとり親の皆さまは本当に大変。僕なりにできることします」と、現金10万円を1万人のひとり親に配るとした。前澤氏のアカウントをフォローし、リツイートの上、アンケートに回答すれば応募は完了。応募の締め切りは13日で、入金は18日から開始とした。

    前澤氏は前日9日に、ツイッターで「シングルマザー&ファザーの皆さん」と題し「この状況の中、本当に大変だと思います。微力ではありますが、前澤、動きます。詳細は明日お知らせします」と告知。「以前からひとり親の皆さまに向けて何かしたいなと思っていましたが、情けないことに何もできずにいました。これから少しずつ動いていければと思います」とつづっていた。

    前澤氏は、総額10億円のプレゼント企画「#前澤お年玉」を展開中の1月4日のツイートでシングルマザーについて言及。「#前澤お年玉関係なく、日本で120万世帯以上といわれるシングルマザーの皆さんの可能性に僕は注目しています。チャンスや時間がないだけで、やるときやってくれる肝っ玉座った母ちゃんパワーは絶大かと。日本の貧困問題、少子化問題にとっても、そんな母ちゃんパワーが活かされる社会にしないと」(コメントは原文のまま)と支援したい考えを示していた。

    前澤氏は「ひとり親の状況」と題し、データも提示。その中で

    <1>日本国内の母子家庭世帯数は123万2000世帯で、うち51%が相対的貧困層

    <2>国内の父子家庭世帯数は18万7000世帯

    <3>母子家庭世帯の年収は約200万円で平均年収の半分以下

    <3>ひとり親の子どもたちの大学進学率は、日本全体の平均の53・7%を大きく下回る23・9%

    と紹介。加えて

    <4>年間の離婚件数は21万2000件で、うち子供がいて離婚するケースは12万3000件

    と、子を持つ親の離婚も少なくないとした。

    ヤフーニュースより引用

    【【前澤友作】ひとり親1万人に10万円配る基金創設 「現金10万円を1万人のシングルマザー&ファーザーに配ります」】の続きを読む

    jiji_gohriki_ayame

    1: 名無しの金速 2020/05/09(土) 01:17:13.31 ID:eRo4m9y39
    「『え、また?』と周囲から驚きの声が上がるほど、岸明日香のマネジャーはコロコロと変わっていました。オスカーは社員がどんどん辞めていて人員不足だから、仕方ないところもありますが、所属タレントは不安ですよ。『自分は大切にされていない』と感じるのも無理はない。岸もそれで離れていった。米倉や忽那らの退社も大きかったと思います。今どきのタレントは事務所に所属しているメリットとデメリットをシビアに天秤にかけていますから」(グラビア業界関係者)

    グラドル岸明日香もオスカーを去った……

    晴れ着撮影会に臨むオスカープロモーションの(左から)忽那汐里、武井咲、剛力彩芽=4日、東京都港区 c時事通信社

    三十六計逃げるにしかず――。かつては“美の総合商社”と呼ばれた芸能プロダクション「オスカープロモーション」からタレントの流出が止まらない。

    「家政婦のミタ」(日本テレビ系)で知名度を上げた女優の忽那汐里(くつなしおり・27)が昨年12月に退所(「 ミタから9年、忽那汐里も退社していた! 次はヨンアが……オスカーが芸能界で“蚕食”されている理由 」参照)。韓国人気モデルのヨンア(34)とタレントの岡田結実(ゆい・20)は今年3月で退所。事務所の屋台骨である女優・米倉涼子(44)までもが3月いっぱいで退所と、雪崩を打ったように続々とオスカーを去った。

    そして人気グラビアアイドルの岸明日香(29)も5月1日、自身のツイッターを更新。2018年6月から所属していたオスカーを退所し、フリーになることを報告した。

    《皆様にご報告です この度、お世話になった所属事務所を退所させて頂くことにしました。ご一緒させて頂いた皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです ありがとうございました これからもご縁を大切にお仕事続けていくので皆様ご安心ください》(岸のツイッターより)

    事務所のピンチに剛力は……

    このオスカーからの大量流出の原因が、事務所の内紛に起因するものであることは既報の通りだ(「 【オスカー退社】米倉涼子に嫌われた創業者の娘婿が”マイクぶんどり事件”『オレには妻という”切り札”がある』 」参照)。創業者である古賀誠一会長がその地位を譲り渡そうとしている”娘婿”の専横に、多くのタレントやマネジャーが反発。古賀氏が一代で築き上げた“美の帝国”はガラガラと音を立てて崩壊している。

    そのオスカーにとって、女優・剛力彩芽(27)の、ZOZO前社長・前澤友作氏(44)との復縁報道は、まさに“泣き面に蜂”だった。剛力は残留組の中でも知名度が高く、事務所の急場を支える“谷間のエース”としての活躍が期待されていたからだ。

    「『週刊文春』(2020年4月30日号)が報じたのは、昨年11月に破局をしたはずの2人の密会でした。コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、緊急事態宣言が出た直後の4月半ばに、高級レストランで密会をしていたのです」(スポーツ紙記者)

    破局後はバラエティ番組でもプライベートについての発言を繰り返していた剛力。前澤氏との破局を強調していた。

    ヤフーニュースより引用

    【【剛力彩芽】前澤氏復縁「やっぱりお金・・セレブ病からもう抜け出せない」事務所関係者がホンネ】の続きを読む

    このページのトップヘ