金速-お金に関する2chまとめブログ

    タグ:俳優

    llllllllllllllllllllllllllll

    1: 名無しの金速 2020/05/23(土) 00:58:56.55 ID:6mKsoLIY9
    仕事激減 フリーの俳優ら 支援の拡充を訴え コロナ影響
    2020年5月20日 16時26分

    シェアする
    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で仕事が激減しているフリーランスの俳優や音楽家などへの支援に課題があるとして、関連する団体が合同で会見を開き、厳しい実情と支援の拡充を訴えました。

    記者会見は「日本俳優連合」や、音楽家やカメラマンなどが加入している労働組合で作る「日本マスコミ文化情報労組会議」などが合同で厚生労働省で開きました。

    日本俳優連合はフリーランスの俳優や声優を対象に行った調査結果を紹介し、今月以降の収入について「無収入」と答えた人が全体の2割に上っているなど、厳しい実情を訴えました。

    そのうえで、フリーランスは支給の対象とされていない、
    ▽未払いとなっている報酬を国が立て替える制度や、
    ▽新型コロナウイルスに感染した場合の傷病手当金についても、対象とするよう、支援の拡充を求めました。

    団体は、こうした内容をまとめた要望書を18日、厚生労働省などに提出したということで、今後も引き続き支援を求めていくことにしています。

    日本俳優連合の森崎めぐみさんは「俳優などフリーランスの働き方の特殊性に支援がマッチしていない現状がある。生活の糧となる報酬が支払われていない状況がすでに2か月以上続いていることをまずは理解してほしい」と訴えていました。
    日本俳優連合は、新型コロナウイルスの感染拡大による公演などの自粛が続いている影響について、フリーランスの俳優や声優を対象にインターネットを通じて調査を行い、今月12日から18日までに293人から回答がありました。

    今月以降の収入について、
    ▽「50%以下」と回答したのは43%に達し、
    ▽「無収入」と答えた人も23%に上りました。

    先々の新しい仕事の依頼はありますかという質問に対する答えは、
    ▽全くないが57%、
    ▽減っているが35%となりました。

    自由記述で意見を求めたところ「月の給与は3か月から半年後にわかるので、持続化給付金を今すぐ申請することができず困っている」「社会保険や保証がないことなどいつも不安に思っていましたが、今回は限界です」などといった声が寄せられました。
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590122826/

    【フリーランスの俳優や声優・限界の声「未払い報酬を国が立て替えて・・」】の続きを読む

    unnamed (3)

    1: 名無しの金速 2020/05/21(木) 00:52:42.57 ID:8jUEzSfX9
    フリーランスで働く俳優や声優を対象にしたアンケートで、6割以上が5月以降の収入が半分以下か無収入だと回答し、切迫した状況になっています。

    日本俳優連合が今月12日から行っているアンケートの中間報告で、293件の回答を得られ「5月以降の収入がどのくらいになりそうか」という質問に対し、無収入と回答したのは22.9%、50%以下は43.3%と、あわせて6割以上になることが分かりました。

    また、「5月に入って、先々の新しい仕事の依頼があるか」という質問に対し、減っていると回答したのは34.8%、まったくないと回答したのは57.3%とあわせて9割以上にのぼります。イベントの中止だけでなく、ドラマや映画などの撮影の中断が続いている状況が影響しているということです。

    リーマンショック後に大手アニメ制作会社が破産したこともあり、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今後、「仕事を発注してくれる制作会社などが倒産し、出演料などが支払われなくなるのではないか」など心配する声があがっています

    ライブドアニュースより引用

    【【芸能】俳優や声優 6割以上が収入が半分以下か無収入・・・】の続きを読む

    2018-11-28-10.12.09-1024x683


    1: 名無しの金速 2020/04/22(水) 01:49:51.90 ID:uk1Ze0MMp
     日本俳優連合(西田敏行理事長)が、新型コロナウイルス感染拡大を受け、俳優・声優へ現在の仕事状況や収入に関する実態調査アンケートを公開した。

     「俳優・声優の新型コロナウイルス感染症に係る公的支援の手続きに関する実態調査アンケート」と題して、4月14日から19日までのアンケートで得た1020人の回答を公開。
    4月の収入については「無収入」が27.6%、「50%以下」が34.4%、「75%くらい」が9.3%、「変わらない」が8%、「わからない」が20.9%と、半数以上、収入が減っていた。

     映画の公開延期やアニメの放送延期など、俳優&声優が活躍する場に影響が出ているが、4月に入って先々の新しい仕事依頼については「まったくない」が69.1%、「減っている」が29.1%、「増えている」が1.9%と、今後の見通しが立たない状況であることがわかった。

    フリーランスの俳優や声優も対象にした「公的支援」(融資・貸付・給付)について、手続きを自分でできる自信があるかの質問には「自信がない」が77・5%だった。
    新型コロナウイルスの影響で仕事がキャンセルになったことを「証明できるものはありますか?」に「契約書や覚書、通知書など、キャンセルがわかる書類がある」がわずか4.3%で、
    「メールなど電子記録がある」が48%、「電話、口頭のみで何もない」38.7%と証明しにくい実態があることが判明した。


    ヤフーニュースから引用

    【【 悲報 】声優と俳優さん コロナで60%以上の方が無収入か半減以下になってしまう恐れが・・】の続きを読む

    このページのトップヘ