金速-お金に関する2chまとめブログ

    カテゴリ:職業 > 収入

    binbou_man

    1: 名無しの金速 2020/05/29(金) 15:54:03.72 ID:H2w2MOus9
    新型コロナウイルスの影響でどれほど経済的に困っているか、鳥取大学が全学生を対象にアンケートをしたところ、5月の収支見込みを「赤字」だと回答した学生が半数に上り、経済状態を「苦しい・やや苦しい」と感じている学生が6割いることがわかった。

     今回の調査は、国の給付金とは別に大学が独自に学生へ「緊急給付型支援金」(1人3万円)を支給するにあたって、その対象者を選ぶために困窮状況を把握するのが狙い。全学生(留学生を含む学部生、大学院生)計6141人のうち、75・3%の4622人から回答があった。

     5月の仕送り・奨学金・アルバイト代といった収入見込み額と、食費・住居費などの支出見込み額を比べて、赤字になると回答した学生が51%いた。赤字額8万円以上が6%、6万~8万円が5%、4万~6万円が7%だった。5月のアルバイト収入の見込み額を聞くと1万円未満が70%で、3万円以上は12%にとどまった。2年前の調査で3万円以上は31%だった。

     現在の経済状況について25%が「苦しい」、37%が「やや苦しい」と回答した。自由記述では「アルバイト代はゼロになった」「食費を削るために1日2食にしている」「貯金で生活を回しているが持ちそうにない」「両親も4月から収入がない」と厳しい状況を訴える声が相次いだ。

    朝日新聞より引用

    【鳥取大学生、半数が「赤字」 親も無収入、1日2食の人も・・・コロナ影響で貧乏が止まらない( ;∀;)】の続きを読む

    ecc5d95fb0c83aa92bf4a6eae880e732

    1: 名無しの金速 2020/05/28(木) 13:02:15.20 ID:pysFPZNG9
    日本郵便は28日、新型コロナウイルスで収入が減った個人事業主らを政府が支援する「持続化給付金」を巡り、コロナと関係がないのに申請した郵便局員がいる恐れがあるとして、調査を始めたと明らかにした。かんぽ生命保険の不正販売を受けた営業自粛による収入減を給付金で補おうとした可能性がある。コロナと無関係の便乗申請が判明すれば、局員に取り下げを求める考えだ。

    日本郵便によると、調査はインターネット上に投稿された情報などが端緒となった。郵便局で保険を取り扱う社員は、給与所得とは別に、契約に応じた営業手当が事業所得として支給される。

    北海道新聞より引用

    【個人事業主支援『持続化給付金』郵便局員が便乗申請か…ネット投稿で発覚?日本郵便が調査開始】の続きを読む

    delivery_jitensya

    1: 名無しの金速 2020/05/26(火) 11:50:00.88 ID:k+hrqREC9
    ウーバーイーツ「配達バッグ」が高額転売される悪質な理由


    よくもまあ、次から次に儲ける手口を思いつくものである。

    マスクやトイレットペーパーをはじめ、最近ではホットケーキミックスや小麦粉の高額転売で問題視されてきた通称・転売ヤーは、ウーバーイーツの「配達バッグ」を次の獲物に定めたようだ。


    外出自粛要請によって需要が高まり、ウーバーイーツの登録店舗数は全国で2万店を超え、配達員も急増しているとされる。従来、ウーバーイーツの配達員は、同社のパートナーセンターでバッグを受け取ることができた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によってセンターは休止中。バッグを郵送してもらうことは可能だが、時間がかかるという。

    匿名を条件に取材に応じた都内在住の転売ヤーが語る。

    「どうしてもすぐに配達を始めたい人は、自分で購入するしかない。そんな状況に、俺たちは目を付けた。4月に緊急事態宣言が出される前から、ウーバー需要の高まりは仲間内で話題になっていたしね。そこで、配達バッグが簡単に入手できるうちに、知人やネットオークションから大量に安く仕入れておいた。4000円くらいで仕入れたバッグが、いまは1万円以上でも飛ぶように売れるよ」

    実際、メルカリやヤフオクといったネットオークションサイトで検索してみると、配達バッグが大量出品されているのがわかる。

    何か手を打たない限り、バッグ転売が下火になっても、転売ヤーはまた別の獲物に目をつけるはずだ。コロナの混乱に乗じて儲ける不届き者をこのまま野放しにしていいのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e61c672cb7de5ca14673c19092cc2d57f3f56e6c
    no title

    【【転売ヤー】儲ける手口 次は・・・ウーバーイーツ「配達バッグ」高額転売】の続きを読む

    pp816IMGL1026_TP_V

    1: 名無しの金速 2020/05/28(木) 21:48:03.38 ID:pOH05gkX0● BE:323057825-PLT(13000)

    茨城県警古河署は28日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の特別定額給付金に関し、「早く持ってこい」とナイフなどを持って古河市職員を脅したとして、
    銃刀法違反(所持)と職務強要の疑いで、古河市の無職坂輪清彦容疑者(47)を逮捕した。署によると容疑を否認している。

    逮捕容疑は25日午後1時35分ごろ、自宅を訪れていた男性職員(44)に果物ナイフとはさみを見せ、給付金を早期に支給するよう脅迫した疑い。

    古河市役所によると、坂輪容疑者は同日午前、「申請してるんだから早く支給してくれ」と来庁。 職員2人が説明のため自宅を訪れた。

    給付金「早く持ってこい」ナイフで市職員脅し逮捕
    日刊スポーツより引用

    【「給付金はよ持ってこい!」ナイフで市職員を脅迫、無職逮捕】の続きを読む

    mask313458A7433_TP_V

    1: 名無しの金速 2020/05/28(木) 10:10:53.16 ID:dxnPBMD59
     本業が傾いたから、転売で稼ぐしかない
     2019年11月、中国で発生した新型コロナウイルスの影響が凄まじい勢いで拡大し、世界保健機関(WHO)はパンデミックを宣言。2020年4月半ば時点で感染者が160万人、死者数は世界で10万人を超えても増加し続け、世界中にパニックが広がっている。

     この影響でトイレットペーパーや食品の買い占め行為も起きるなか、価格が急騰し世界規模で高額転売が行われているものがある。マスクだ。

     量産態勢にあると報道されるものの、いまだ入手しにくい状況が続くマスクは、転売ビジネスで生計を立てる通称「転売屋」によって、以前のおよそ10倍以上の価格で取引されている。
    さらに、市民に尽力すべき立場の消防署員や県議会議員までもが転売に手を染め、社会問題に発展。これを受け2020年3月15日、政府はマスクの高額転売を禁止する政令を施行した。

    「法律で禁じても、必ず抜け穴はある。転売屋はパニックに乗じて、次の策を練っているはず。私もすでに別の転売で利益を上げていますよ」

     そう話すのは、マスク転売で300万円近くを売り上げた有田博人さん(仮名・44歳)。実は転売は本職ではなく、副業なのだという。

    「本職は神奈川県にあるホテルの従業員です。中国人客をあてにして昨年リニューアルしたばかりなのですが、今年1月に中国政府が海外への団体旅行を禁止すると、4月までの予約がすべてキャンセルになりました。
    事態の収束が見えないなかで資金繰りに詰まり、ホテルの閉館が決まりました。客もいないし、今は副業に精を出しています」

    こんなにボロイ商売があるのか
     すでに大半の従業員は解雇となっており、有田さんの出勤日も残り数日だという。

    「給料は1か月も未払いだし、寮も出なければならない。今、本当にお金が必要なんです。まだまだ稼いで、退職金にするつもりです」

     有田さんが転売ビジネスを始めたのは東日本大震災からだった。出入りの業者が「売れ残ったから」とホテルに置いていったアニメグッズを試しにオークションサイトへ出品したところ、予想外の高額で売れた。

     有田さんが転売のうまみに目覚めるなか、ホテルに近い火山の噴火警戒レベルが引き上げられ、ホテルの運営が苦しくなる。

    中国人へマスク転売
     災害の影響で経営が思わしくなかったホテルも、ビザの緩和やLCCの増加により中国人観光客が団体で押し寄せるようになり、経営も上向くようになる。

    「日韓関係の悪化で韓国人観光客が激減するなか、中国からの団体客は頼みの綱でした。欧米人観光客も増えましたが、爆買い中国人たちが使う金額はケタ違いでした」

     その彼らが、2020年1月に入ると「土産にしたい」とマスクを探し求めるようになったという。

    「フロントにいると、頻繁に『マスクはどこで買えるのか』と聞かれました。さらにテレビでも『中国でマスク不足』というニュースを目にし、これは転売のチャンスだと興奮したのを覚えています」

     さっそく上司に許可を取り、業者からマスクを1枚4円で購入するとフロントに並べたという有田さん。中国人観光客に50枚入りを1箱800円で販売すると、おもしろいように売れた。責任者がいない日は、レジを通さずに現金を受け取り、そのままポケットにねじ込んだという。

    「退職金」代わり? 1時間で70万円を売り上げた
    「中国語でポップをつけたところ、あっという間に100箱が売り切れました。その勢いを見て嬉しい半面、『花粉症シーズンを目前に国内のマスクが枯渇するのでは』と思い、日本人にも転売することを思いつきました。コロナの影響がここまで大きくなるなんて、当時は予想していませんでした」

     すぐに業者を呼び「現金で買うからもっと売ってくれ」と虎の子の30万円を握らせ、買えるだけ買いこんだ。自室を倉庫代わりにしようと寮に納入させると、6畳のワンルームはあっという間に段ボール箱で埋まった。

    「仕事の合間にオークションサイトとフリマアプリを調査し、売りどきを探りました。春節の頃には翌月以降のキャンセルが相次いでいて、うちのホテルもいよいよ……という状況に。転売で利益を得て生活資金を稼ごうと決心を固めました。
    試しにオークションサイトへ出品したところ、1時間で70万円近くを売り上げました。マネージャーからは『こんなときこそ仕事を頑張って』と注意されましたが、退職金がもらえるかもわからないのに、やる気が出るわけがない。仕事をサボりどんどん仕入れて、どんどん売りさばきました」

    続きソース
    https://news.livedoor.com/article/detail/18326853/

    【「俺が経済を回してやっている」byマスク転売ヤー】の続きを読む

    このページのトップヘ