金速-お金に関する2chまとめブログ

    free_l

    1: 名無しの金速 2020/04/29(水) 19:14:56.90 ID:leSBLBVi9
    モーニングショーの岡田晴恵やニューヨークの病院で働いている医者や看護師が
    「ニューヨークの今の惨状は2週間後の東京だ。地獄になる」と言っていたが、今日がその2週間後だ。

    日本全国の死亡者数はこの4か月間で累計348名となった。東京の死亡者数は累計100名である。

    米国の死亡者数は53511名。ニューヨークはいまだに1日367名の死亡者が出ている。
    日本は4か月で死亡者348名なのに、ニューヨークは1日で367名なのである!

    それでも、ニューヨークのクオモ知事が段階的に経済活動を再開するそうだ。
    コロナに対してあれほど断固とした抑圧政策をとっていたクオモ知事でも、
    経済を崩壊させてはいけないという政治家としてのバランス感覚は持っている。

    ところが日本は1日14名とか、多くて30名の死者で、経済崩壊への道を選択しているのだ!
    完全にバランス感覚が狂っている。

    今までの新自由主義的な医療費削減政策のせいで、病床数が足らないとか、技師が足らないとか、
    ICUが足らないという状態になっていて、それが医療崩壊の危機を招いているが、この危機はそれだけではない。

    マスコミがコロナの恐怖を煽り過ぎたために、保健所の電話が繋がらなくなり、
    危機的な状態のコロナ患者を死なせてしまったのが最近の50代の男性の例である。

    マスコミがコロナ恐怖を煽り過ぎたために、コロナ対策の最前線で戦う医師や看護師や技師の人数が不足してしまうという現実もある。
    医療現場のマスクが足らなくなるのも、恐怖を煽り過ぎたせいだし、
    医療従事者の家族が偏見や差別に晒されるのも、恐怖を煽り過ぎたからである。恐怖は必ず差別に繋がる。これは当たり前の事である。

    政治家はこれらマスコミが洗脳して作り上げた大衆の臆病さに影響されてはいけない。
    経済の死は、人間の死である。

    他国は数万人の死者が出ても、経済活動を再開する。日本は他国に先駆けて、経済再開しても、まったく構わないのである!
    自粛延長は絶対に止めねばならない。資本主義を守れ!


    https://www.gosen-dojo.com/blog/26230/


    【【小林よしのり】経済の死は 人間の死である 「他国は数万人の死者が出ても、経済活動を再開する」】の続きを読む

    building_ryokan

    1: 名無しの金速 2020/04/30(木) 15:13:45.84 ID:EPg31eSy9
    東京商工リサーチは4月28日、
    同日17時時点の新型コロナウイルス関連の
    経営破たんが全国で累計105件となり、
    100件を超えたと発表した。

    内訳は倒産が73件、弁護士一任・準備中が32件。

    業種別では、
    インバウンド消失と外出自粛の浸透で
    宿泊業が22件で突出している。

    次いで外出自粛で売上が落ち込んだ飲食業が15件、
    アパレル関連が10件と、個人消費関連の業種が多い。

    また、イベント自粛や休校の影響で
    学校給食用食材を扱っていた食品製造業が9件、

    結婚式場やパチンコホールなどのサービス業、
    娯楽業も8件発生している。


    https://s.response.jp/article/2020/04/30/334155.amp.html

    【【宿泊業】インバウンド消失で コロナ倒産が100件超】の続きを読む

    daigaku_toudai


    1: 名無しの金速 2020/04/30(木) 19:41:52.18 ID:6m6ieOh99
    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大学生らが苦境に立たされている。アルバイト先の休業や親の収入減などで
    学費や生活費の支払いに窮し、学生団体が実施したアンケートでは5人に1人が「退学を考える」と回答した。
    学生たちは学費の減免などを訴えている。

    「これからどうしよう」。東京都内の私立大に通う2年の女子学生(19)はため息をつく。

    栃木県の実家を出て1人暮らし。飲食店でのアルバイト代を生活費に充ててきたが、
    新型コロナの影響で営業時間が短縮され、1カ月の収入は約9万円から半減した。

    家賃や光熱費、食費を払うと奨学金でも足りず、貯金を取り崩している。

    学費や教科書代は工場勤めの両親が貯金から工面してくれているから、これ以上の援助は頼みにくい。

    このまま大学に通い続けられるのか。「国や大学は学費の救済をいち早く行ってほしい」と訴える。

    毎日新聞より引用

    【【大学生 学費の減免を訴え】バイト先休業・親の収入減】の続きを読む

    このページのトップヘ